ヤスベエの部屋2013 | ヤスベェのあした転機になぁれ!

オーパスグループ プレゼンツ
「ヤスベェのあした転機になぁれ!」(アシテン)
KRYラジオで毎週日曜日午後5時00分~オンエア!


あした(リンク:オーパス).jpgあした!(リンク:KRY).jpg

TOP.png
★☆  今年もお世話になりました! 2015年もアシテンをよろしくお願いします!  ☆★  2014/12/29 番組内容 更新しました  ☆★

あした!バナー(ヤスベエの.jpg

2013年12月29日「今年も後2日、あなたにとってこの一年はいかがでしたか?」

 僕は一月、蜂窩織炎(ほうかしきえん)というウイルス性の病気にかかり3週間(土日も休みなく)毎日4時間の点滴を受けるという最悪の状況からのスタートでした。お陰さまで完治したものの二月には本当に優しかった義父が72歳の若さで他界、命の大切さや健康であることのありがたみを痛感した一年の始まりでした。ただ春からはお陰さまで仕事が大順調、レギュラーも七月から1本増え、現在の5本に。さらに自分がプロデュースしたものが商品化されたりと喋ること以外の嬉しい副業も継続中。こちらは「ぶちええねぇ」とインターネットで検索するとトップページの一番上に表示されますのでぜひクリックして見てみて下さいね!
 さて「禍福は糾える縄の如し」。この言葉は元日テレアナウンサー徳光和夫さんが生涯初の野球実況(しかも長嶋茂雄氏現役監督時代の最終戦!巨人がボロ負けを喫した試合後例のごとく泣きながら)で発したもの。このことわざは「災禍と幸福とは糾った(縒り合わせた)縄のように表裏一体であり、一時のそれに一喜一憂しても仕方がない。」という意味。まさに今年はそのことわざを地で行くような一年でした。奇跡とも呼べる運命的な再会もありましたし、多くの出会いに救われた一年でもありました。
 さぁ来年はどんな年になるかまだわかりませんが、自称山口県応援団長として2014年も今まで通り顔晴りたいと思います!どうぞ来年のアシテン&ヤスベェの活躍にご期待下さいね。ではどなた様も良い年をお迎え下さい!

2013年12月22日「もうすぐクリスマス。クリスチャンじゃなくてもなぜかテンションが上がりますね(笑)」

 さて今回のザ・ケンナイではタウン情報しものせきの逆井健さんがとっておきのクリスマススポットを紹介してくれました。場所はごぞんじ海峡ゆめタワー、ここは恋人達の聖地として認定されているデートスポット、3万球の電飾がお出迎えです。ここでただ今「タワークリスマス2013」を開催中。
 21日から24日までの4日間は、営業時間を通常より1時間延長してのおもてなし。今年は、恋人達の聖地として恋人たちに大人気のハート型南京錠「ラブロック」に、新しく「ストーン」や「ラメ」など、特別な装飾を施したクリスマス限定の「ラブロック」が登場!(限定60個販売)。さらに毎年やってくる大阪・通天閣の幸福の神様・ビリケンさんは、「サンタの衣装」や、「和服のコスプレ」に。さらにさらに新春は早朝、初日の出営業もあるそう。いやはや海峡ゆめタワーは最上階に向けて、二人の愛はぐんぐん盛り上がる(はず)!!

2013年12月15日「まもなくクリスマス、そしてその一週間もしない間に新年といよいよ今年もカウントダウンが始まりました。」

 さてそんな中、今回のザ・ケンナイで「長州の食いしん坊」こと株式会社モトクロスの松永秀夫さんが、「激美味」蕎麦屋情報を提供してくれました。
 宇部市中央町にあるお蕎麦屋さん「武蔵野」。TSUTAYA宇部中央店から徒歩1分程度、ビリヤード場「寿」の目の前にあるお店。石臼で丁寧に挽き、手で練り上げた昔ながらの手法による手打そばで、そば出汁は本返しにて 一年半以上寝かし、化学調味料など一切の添加物を使わず北海道産の羅臼昆布と本節にて作った純天然物。真っ黒な出汁ですが、辛い訳でもなく、お蕎麦もツルツルの喉越し、とにかく絶妙のバランスで激美味なんです!天ぷらそばや、山かけそば、なめこそば、たまごとじそば等々のメニューもあるのですが、一番安い、かけそば(750円)が断然のイチオシです!! シンプルゆえに、そばと出汁の美味しさがダイレクトに伝わってきて、武蔵野ならではの味を楽しむ事が出来ます、是非是非!!とのこと。僕も蕎麦は大好きなのでこれは一回寄ってみなければ!
 あ~そうそう以前美東に「そばの実」という山口県では珍しい山形そばのお店があり僕のお気に入りの一店だったのですが、残念ながら閉店してしまいました。どなたか県内で美味しい山形そばのお店があれば教えて下さいね!

2013年12月8日「もうすぐクリスマス。恋人へのプレゼントの準備はお済みですか。」

 ということでオーガニック・メディア「ISANA」の代表堀永州平さんが、素敵なお店とそのオーナーを紹介してくれました。光市虹ヶ丘2丁目(我が家のすぐ近く(笑))、光駅のちょうど真裏に「harvest」という洋服のお店がオープン。素材、デザインにこだわったハイセンスながら着心地の良さそうな普段着がずらり。キャンドルなどの雑貨にも注目。室内なのにさらに小さな小屋が建っているという面白いお店です。
 オーナーは光市在住の小田隆博さん。ここの他にも山口市と博多にセレクトショップを展開。驚くなかれ、小田さん、デザイナーとしてオリジナルブランドも展開していて、今、日本のみならず、世界からも熱い注目を集め始めているんです。ブランド名は「ガーメント・リプロダクション・オブ・ワーカーズ」。直訳すると「作業着の再生」という感じでしょうか。その名の通り、ヨーロッパの作業着の古着、しかも100年以上前の服のパターンを起こして小田さんのセンスを加えて作った服なんです。製品の7割はフランスで製造され、作業着ならではの素朴さと洗練された素材や色味が絶妙に合わさって、懐かしい、けれど新しい…そんな服が展開されています。すでに大手ファッション誌でもたびたび取り上げられて女優が着て紹介されるなど全国区の人気。4カ国の60店舗で取り扱われ、韓国や台湾、本場フランスからも問合せが来ているそうで、世界で花開こうとしています。まずは光市のお店へ!これからチベットからヤクの毛を使用した希少な手織りのストールなどが入荷してきます。ギフトにも喜ばれること間違いなしです。

2013年12月1日「冬は空気が澄んで星がきれいに見えるシーズンでもありますね。」

 ということで、プランニングルームトライアングルの小林未央さんに、素敵な流星観測イベントをザ・ケンナイで紹介してもらいました。こちらは宇部市小野地区の魅力をもっと知ってもらいたいと、地域おこし実行委員会が、今年初めて企画した夜イベント。スピードくじや、限定300食のしし鍋無料ふるまいあり。20:20からは、シンガーソングライターの水本諭さんのライブを楽しんだ後、ふたご座流星群の観測、山口大学の学生とコラボした星の勉強会などが楽しめるそう。飲食バザーの出店もたくさんあり、軽トラ市も同時開始されるとのこと。小野といえばお茶の生産地として有名なところですが、こんなロマンチックなイベントもあるんですねぇ!これはカップルのデートとしても楽しめそうです。ぜひ暖かい格好でお出掛け下さいね。おっとカップルは元々アツアツだから心配ないかもね(笑)

2013年11月24日「年末になると色々なランキングが発表になりますが・・・」

 そこで都道府県魅力度ランキング2013年版の発表!この「地域ブランド調査2013」は、ブランド総合研究所というところが調査を行っており1,047の地域(1,000市区町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査です。2006年に調査を開始し、毎年実施しているもので今回で8回目の実施。 調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など16項目)、情報接触経路(「旅番組」など16項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など16項目)などを質問。調査項目は全72項目に及び、各地域の現状を多角的に分析。
 さて都道府県の結果で最も魅力度が高かったのは予想通り北海道で、なんと5年連続の1位!北海道は市区町村の魅力度ランキングにおいても、2位の函館市のほか、札幌市、富良野市、小樽市などベスト10以内に4市ランクインしており、道内各市の魅力を集約させ、北海道としての魅力を高めています。続いて魅力度が高かったのは京都府、3位は沖縄県。沖縄県は北海道同様に石垣市(10位)、那覇市(12位)など、魅力度の高い市町村を県内に複数抱えています。なお、今回の調査にて最下位となったのは茨城県。前年、最下位を脱しましたが、再び最下位となり2009年から始まった同ランキングで、2012年に46位になった以外は、すべて最下位となっています。どうした茨城!?いったい何が?(笑)
 ちなみに我が山口県は39位 前年は34位だったので5つも順位を落としています。頑張れ山口県!頑張れちょるる(笑)

2013年11月17日「味覚の秋、深煎りのコーヒーと極上の音楽はいかが?」

 ということで岩国地域の情報を網羅する「雑誌くるとん」の藤井康弘編集長が素敵な喫茶店をご紹介してくれました。
 その名もカフェカンパニー、岩国市は南岩国町にあるコーヒー豆の自家焙煎のお店です。豆の販売とカフェもあってその場で新鮮なコーヒーを楽しめます。ログハウス風のオシャレなお店には、かわいい雑貨も展示販売されています。自慢のコーヒーは、深煎り。そして、新鮮であること。深く煎る、つまり、長い時間焙煎をすると、それだけ豆の油分がたくさん出てくる。それがコーヒーの旨味の元なのだそうです。しかし、長く焙煎するとそれだけ豆が傷ついているから、劣化も早い。だから、新鮮でないと、「苦いばっかりで、おいしくない」ということになるのだとか。
 お店のオープンは2001年。店主の河村精治さんは55歳で、会社を早期退職し脱サラでの開業だそう。無類の音楽好きの河村さんは、広島市出身。岩国米軍基地のラジオを聴いて、夢中になったそうです。同じようにその放送を聴いていた同級生には、あの吉田拓郎が!!高校時代には吉田拓郎とバンドを組んでいたそうです。河村さんは、今も音楽を続けています。ラップスティールギターの腕前は、インターネットを通じて、世界中から19万のアクセスを得るほど。大好きなコーヒーの香りに包まれて、昔の仲間とお店でコンサートをしたりと、趣味の音楽にも熱が入っています。コーヒー同様、人生もまた深煎りなのです。

2013年11月10日「行楽の秋、紅葉狩りドライブの途中に、絶品牛丼を!」

 ということで今回のザ・ケンナイは、モトクロスブログで大人気のブロガー、長州の食いしん坊こと松永秀夫さんがスタジオに遊びにきてくれました。彼が紹介してくれたのは山口県民の誰もが見聞きした事があるであろう、いろり山賊。岩国市玖珂の本店、岩国市錦町にある錦店、岩国市周東町にある周東店。岩国市内に3店舗あって基本的にはどこの店舗もメニューは同じですが、スケール感でいうと、玖珂本店がオススメ。
 山賊といえば、でっかい山賊むすびを片手に、もう片方の手では、若鳥を炭火でこんがりと焼きあげた山賊焼を豪快にかぶりついて山賊気分を味わうのが定番の楽しみ方となっていますね。それも美味しいし楽しいので捨て難いのですが、これこそ隠れた絶品牛丼、牛蒲なるオススメメニューがあるそうなのです。○○家、○家、などの大手牛丼チェーンの牛丼も美味しいですが、それらの牛丼とは一線を画しているとのこと。 山口県産で天然記念物にも指定されている見島牛にルーツのある山口県産黒毛和牛である皇牛を一枚一枚、炭火で焼きあげ御飯のうえにのせて丼にしてあります、香ばしくて絶品!! 赤出し漬物つきで800円也ィ。山賊に行くと、ちょっと前の時代にタイムスリップした感覚を楽しめます。玖珂本店でも紅葉や滝を楽しめますが、秋本番、紅葉狩りにお出掛けになられた帰りに、いろり山賊へ是非、そして絶品牛丼の牛蒲を食べてみて下さいね!!もちろん僕も行きま~す(笑)

2013年11月3日「今日は文化の日。味覚の秋にちなんで日本の食文化をちょっだけ考察を。」

 皆さんごぞんじのように12月に行われるユネスコ無形文化遺産委員会で日本の和食文化が無形文化遺産リスト入りすることが確実となりました。これはもちろんめでたいことなんでしょうがそもそも無形文化遺産とはそもそもなんぞや?この定義ですが、「慣習、描写、表現、知識及び技術並びにそれらに関連する器具、物品、加工品及び文化的空間であって、社会、集団及び場合によっては個人が自己の文化遺産の一部として認めるものをいう」とのこと。ん??なんじゃそりゃ。 とにかく素晴らしいと認められるということなのでしょう(笑)
 本題に戻して日本は、まず「水が美味しい」だから「お米が美味い」そこに「万能調味料の醤油あり」さらに卵を生で食べる習慣、あら不思議、全て合わせて卵かけごはんの出来上がり(笑)この後は真面目な話、無形文化遺産に選ばれる「和食」の特徴は「多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重」「栄養バランスに優れた健康的な食生活」「自然の美しさや季節の移ろいの表現」「正月などの年中行事との密接な関わり」だそうでなるほど納得ですね。
 最後に、これに選ばれていいことがあるのか。これ基金はありますが,危機的な無形遺産への使用が優先となっているということ。日本食は基金とは無縁そうなので結局のところ世界的に日本食というものが認知されるというのが一番のメリット。まぁ何でもいいや、日本食を美味しく食べられれば(笑)チャンチャン。

2013年10月27日「『第5回やまぐち地酒維新』が10月11日に東京で開催。」

 山口県の地酒大使として僕も司会を兼ねて応援に駆け付けました。実はそこで全国でも初となる「あること」が行われたのですが、さて何だと思いますか?・・・それはずばり『やまぐち地酒乾杯宣言』山口県の誇る地酒の魅力を全国に発信し、観光客誘致や消費の拡大を図るとともに、県民の郷土を愛する心やおもてなしの心の醸成を官民一体となって推進することが目的で簡単に言うと山口の地酒でおおいに乾杯してもらおうというのが狙い。県観光振興課によると、地酒による乾杯を宣言方式で推進するのは全国で初めてだそうです。
 その全文をご紹介しましょう。
『やまぐち地酒乾杯宣言』
 山口県の豊かな自然や歴史、匠の技が織りなす「やまぐちの地酒」は、山口県が世界に誇る財(たから)です。私たちは、山口県の地酒文化を世界に発信し、交流の輪を広げていくため、ここに「ふるさとを愛する心」と「おもてなしの真心」を添え、「やまぐちの地酒」で乾杯することを宣言します。
 これは山口県に縁のあるお酒であれば日本酒にかぎらずワインや焼酎、ビールなど種類を問わないとのこと。元々山口県は酒造りに向いていて特に日本酒においては米・水・気候さらに優秀な杜氏つまり酒造りのスペシャリストがいます。山口県の地酒はとにかく元気で日本酒の売上、47都道府県中全国で唯一右肩上がり。さらに酒処岩国のお酒は売上高の伸び率が全国トップ!これは地酒大使としても嬉しい限りです!

2013年10月20日「鑑賞の秋、魅力的なオペラの世界はいかが?」

 ということで今回のザ・ケンナイは岩国市在住のソプラノ歌手赤川優子さんに電話でお話を伺いました。9月に柳井で地産地奏音楽会という僕がプロデュースしたイベントでご一緒しましたが、美声はもちろんご本人の容姿も含め素敵のひと言!簡単にご本人のプロフィールをご紹介すると、高水高校からエリザベト音楽大学大学院を修了。オペラでは、「ヘンゼルとグレーテル」のグレーテル役でデビューした後、「椿姫」、「カルメン」、「ルサルカ」で主役を演じた他、多数のオペラやオペレッタに出演。また、オラトリオのソリスト、コンサート、ディナーショーなど幅広く活躍。「コール錦」、「シニアコーラスゆう」指導、生涯学習講座「カンタービレ」講師、高水高校非常勤講師とまさに音楽一筋!
 その赤川さんが11月2日にシンフォニア岩国でソロでリサイタルを開催されます。秋にぴったりの「初恋」、「宵待草」などしっとりとした日本の歌から「椿姫」「ホフマン物語」など本格的なオペラの世界まで華やかで聴きごたえのある名曲が楽しめます。「念願のふるさと岩国でのファーストリサイタルです。深まる秋の午後、お気軽にお越しいただければ幸いです。」とはご本人の弁。ぜひあなたも大切な人とご一緒に!

2013年10月13日「世の中のニートの人に朗報です!」

  中小企業をサポートするNPO法人「ヒトコトネット」が、新事業としてニートだけを集めて株式会社を設立予定。集まったのは北海道から沖縄まで、約340人。なんと全員が取締役になり、年内の法人登記を目指すそう。それが、ずばり『NEET株式会社(仮称)』です。ニートとは15~34歳のうち家事も通学もしていない人のことで、厚労省によると、全国に約63万人もいるそう。6月の会社説明会には、ネット中継も含め3000人以上が集まり、約340人が登録。メンバーは全国にいるので、会議はネット中心。一人一人が〈やりたいこと〉〈できること〉〈事業として可能なこと〉〈仕事への関わり方〉〈利益の配分〉などを考え、時にはケンカもしながら、事業プランを練っています。今後、ゲームや映像コンテンツの制作など、いくつかの事業に絞るそう。
 この集団、大卒だと六大学はザラで、理系なら修士課程修了が多くTOEIC(トーイック:国際コミュニケーション英語能力テスト)990点や学芸員、美容師、小型船舶1級取得者もいて、人材が豊富。価値観の違いなどで離れるメンバーもいるので、最終的には100~150人になるのではと予想されます。彼らが負担可能な金額、1000円前後を出資し、スタート。パワーバランスが崩れるので、メンバー以外の出資者は募らないとのこと。やってみないと分からないが、面白そうですね。 これからも募集をかけるとのこと。
 興味のある人は「ヒトコトネット」で検索してみて下さい。

2013年10月6日「10月は新番組を含め、プログラム衣替えのシーズン。」

 我がアシテンも新コーナーをスタートすることになりました。コーナータイトルはズバリ「顔晴れ、山口音楽人!」
 山口県内で音楽活動をしている音楽人(特にアマチュア)を応援するコーナーで新準レギュラー、まちあい徳山の若きホープ、弘中明彦君(東大出身で音楽大好き)が明るくナビゲートしてくれます。県内で音楽活動をがんばっている皆さん、自薦他薦は問いません。あなたの「音」へのこだわり、「ここに注目してほしい!」というポイント、新曲のリリース情報、ライブ情報などをぜひPRしてみませんか!楽曲を1~2曲流し、活動内容を紹介させていただきま~す。
 ちなみに僕も親父バンド(SUNSETROAD)をやってまして、たま~にライブ活動をしています。本当にたま~になので、見かけるのはとても貴重だと思います(笑)
ぜひその時は声をかけて下さいね!「よっ!ノってるねっ、ファンキー親父」と(笑)

2013年9月29日「休日なので、たまにはため息の出る話題を。」

 行楽の秋、超リッチな宿泊プランのご紹介。東京は汐留にある超一流ホテル「コンラッド東京」こちらでの宿泊プランの一つその名も「ザ・アルティメット・フィフティ」です。実は日本初の外資系ホテルチェーン、ヒルトン・ワールドワイドが今年で日本進出50周年を迎えることを記念し、さまざまなイベントやプランを用意し、その中の一つなんですね。プライベートバトラー(執事)のサービス付きロイヤルスイートへの宿泊、ヴィンテージワインとともに楽しむスペシャルディナー、そしてドライバー付きプライベートカーサービス等贅沢三昧なのですが・・・2名で3泊4日さぁハウマッチ?なんと料金5000万円です!!!!!
 なぜこんなにバカ高いのか?そうです、こちら最近流行りのプレゼント付き宿泊プランなのです。そのプレゼントが本当にすごい!まずは、世界最古の時計ブランドブランパン ウォッチ “トゥールビヨン ラージデイト”194個のダイヤが散りばめられていてお値段1596万円也。さらにイタリアのスーパーカー、ランボルギーニ ガヤルドLP560-4 一台2476万円也。他にも50周年にかけてワレの50年ものポートワイン、グレンフィディックの50年ものウィスキー、50輪のバラを使用したローズバスで入浴などなどこれでもかの豪華さ。プールご利用無制限もついているようですが、これなんてかすんじゃって(笑)こちら来年の3月まで、やってま~す。って、誰が行くんだっ(笑)

2013年9月22日「明日は秋分の日、いよいよ本格的な秋ですね!」

 秋といえば、食欲の秋やスポーツの秋などいろいろありますが鑑賞の秋もその一つ。ということで、今回のザ・ケンナイは宇部市で開催される芸術イベントの情報をまちなかアートフェスタ実行委員長の長田宣昭さんにお喋り頂きました。会場は新天町、常盤通り、中央壱番街、中央銀天街と範囲は広い!しかも9月29日から11月24日までと期間も超長いっ!!さすが彫刻のまち宇部市ですね。この期間、中心市街地を舞台として、さまざまな市民参加型の芸術イベントを開催。このイベントは、市民のみなさん・地元商店街・アーティストのみんなで創り上げていくイベントだそうです。
 ちなみにオープニングセレモニーは今月29日14時から宇部新天町名店街アーケード内にて開催。巨大絵画新天町アーケード展の作品解説、シンボルマークコンテストの表彰式、その他音楽、ダンスなどのステージイベントを行います。期間中の特別企画としては「アンノヒデアキノセカイ」宇部出身で宇部ふるさと大使でもある庵野秀明氏が監督を務めた作品の上映と作品にまつわる展示やグッズを販売。
 そしてそして、卍LINEというレゲエDJも来るそうですが、実はこの人・・・!!!・・・ちょっとオフレコで実名はここでは出せないのですが、若者なら皆知っている人気俳優です。気になる人はぜひ調べてみて下さいねっ!

2013年9月15日「明日は敬老の日で祝日です。」

 この日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としていますが、では敬老の日の始まりはごぞんじでしょうか。「聖徳太子が四天王寺に悲田院を建立した日」や「欽明天皇が養老の滝に御幸した日」である等の俗説もありますが、実はある村の村長と助役の心ある運動がなんと国を動かし祝日までになったのです。
 兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長と山本明助役が昭和22年に提唱した「としよりの日」。「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、従来から敬老会を開いていました。これが昭和25年からは兵庫県全体で行われるようになり、後に全国に広がります。昭和39年に「老人の日」と改称され、翌年に野間谷村からの政府への繰り返しの働きかけもあり、国民の祝日「敬老の日」に制定されました(「こどもの日」「成人の日」があるのに敬老の日がないのはおかしいと声を上げ続けたといいます)。このため、「母の日」のように日本国外から輸入されたような記念日と違い、日本以外にこの敬老の日はありません。
 さて平成14年までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、平成13年の祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって、平成15年からは9月第3月曜日に落ち着いたというわけです。なお、提唱の町「八千代町」では小中学生が地域の年長者に向けて日々の感謝と敬意を表して手紙を書くという慣習を小学校に導入し、夏休みの宿題として読書感想文と並んで実施されるという行為が行事化されていたそう。いやぁ、このお二人の運動の素晴らしさに改めて拍手だなぁ!ぱちぱちぱち!

2013年9月8日「2020年、東京五輪開催が決定!おめでとう!!パチパチパチ!」

 56年ぶり2回目の日本での夏のオリンピック、今からワクワクしますね。残念ながら当番組は収録のため、この興奮に乗っかることができませんでしたが(苦笑)
 さて東京では1964年以来56年ぶり2回目の五輪開催。72年札幌、98年長野の冬季五輪を含めれば、日本で4回目の五輪開催となります。大会の会期は2020年7月24日から8月9日。パラリンピックは8月25日から9月6日まで。新たに建て替えられる国立競技場(8万人収容・全天候型)をメインスタジアムとし、大半の競技施設が中央区晴海に造られる選手村から8キロ以内に配置。日本武道館など64年五輪と同じ会場で行う競技もあるそうですよ。東京は前回の16年五輪招致にも立候補していましたが落選。当時の石原慎太郎・東京都知事が20年五輪への再挑戦を決め、後任の猪瀬直樹知事が引き続き招致活動をリード。各界の連携が希薄だった前回の反省から、都とスポーツ界だけでなく国や経済界も早くから招致活動に加わり、各界が連携して東京をアピールしていましたが見事に実を結んだわけです。
 さて話変わって東日本大震災の後、福島の原発問題がまだ全く解決されておらず、避難を余儀なくされている方もまだ多くいます。オリンピック決定の喜びが大きな力になって問題解決に拍車がかかったらいいですね。だってオリンピック開催地も福島も同じ日本なのですから。

2013年9月1日「ひと雨ごとに秋の気配を感じる今日この頃。ただ雨の降り方がゲリラ豪雨や雷雨など異常な降り方ではありますが。」

 さて今回のザ・ケンナイではウェブ制作会社モトクロスの松永さんがいつものグルメ紹介から一変本職に戻った情報を提供してくれました。ずばり山口県の魅力を内外にPRする情報発信サイトその名も『ルーターズ』です。ホームページに彼の熱き思いをご挨拶代わりに掲載していますので、ご紹介させてもらいますね。

 ~山口県から、はじめまして。わたしたちは、ルーターズ【 rooters 】です。【 rooters 】とは、【 応援団 】または【 応援する人 】という意味です。わたしたちルーターズが応援したいのは、山口県や山口人。それから、山口県を観光で訪れたいな〜と思っている旅行者や地物の海産物や農産物、山口県の食に大いなる関心を寄せている人たち。そして、いつか山口に住んでみても?と考えている少し高尚で酔狂な方がた。さらには、今山口に住みながら、もう少しここを楽しくしようよと思っている仲間たち。つまりは、山口県に少しでも興味を持っている人なら全〜部です。
 ルーターズは、その趣旨や提案に快く賛同してくれた友人たちや、山口県に同じ思いでいる事業主などが自然に結びついたいたってマジメでゆるやかな連帯による共同体。今までとはちょっと違う視点から、もう少しだけ深掘りした山口県を知ってもらうために、まずは仲間たちと小さなブログサイトから始めることにしました。なぜなら、【 rooters 】には2つめの意味があって、それは獲物を探して木の根っこ[ ルート/root ]をクンクンと根掘り葉掘りする【 豚の鼻 】だから。山口県の素敵な場所や人を探し回りながら、いつも有益な情報を発信し続けたいのですが、熱烈な山口県のファンゆえに、時に重箱の隅をつっついたり、時に野次を飛ばしたり。そう、【 rooters 】の3つめの意味は【 野次を飛ばす 】なのです。
ここまで読んで、「なんや、おれもルータ-ズ やん。」と思っている人、rooters for rooters!
 まだ得体の知れないルーターズが本格的に走り出すまで、素敵なコンテンツが増えて魅力的なサイトになる日まで、大容量のトルクが必要なしばらくの間、じっと我慢して訪問し続けてくれると、この上ない燃料になります。ルーターズは少しづつ大きくなります。
いつか沢山の人が、関わりを持ってくれることを想いながら、願いながら。
これからもルーターズをどうぞヨロシク!~

 興味がある人はぜひルーターズのホームページをご覧ください。アナタの人生の素敵なエッセンスになること間違いなしです!  http://www.yamaguchi-rooters.com/

2013年8月25日「お陰さまでアシテンも今回で放送回数100回を迎えました!パチパチパチ」

 ただ100回と言って記念的なものは特段になくいつも通りの軽~い感じなのですが(笑)。
 あっそうそう、100回目で一つ変わったといえば、新レギュラーが増えたことでしょうか。その名も弘中明彦さん、河村さんが代表を務める「まちあい徳山」のスタッフで、この9月に25歳になる青年です。
 ちょっと彼を紹介しますと、山口市で生まれ高校卒業までは山口県で過ごし、なんと大学はあの東京大学です!(本番中に「僕の後輩ですねぇ」と軽く放ったジョークを河村&弘中両氏に全くいじってもらえず大すべりの巻ぃ~(笑))卒業後は東京で金融関係の仕事に就いていましたが、元々根っからの山口県人。大学時代にはその県民愛から「長州」というニックネームもついたそう(笑)。で、都合6年住んだ東京からUターンして義兄でもある河村社長の会社に落ち着いたというわけです。
 ちなみに特技は歌を歌うこと。中学から合唱を始め、高校時代はバンド活動にも取り組み、大学時代は混声合唱団の指揮者を務めたほど。とりあえず準レギュラーとして不定期に出演ということになりますが、若い力で番組を大いに盛り上げてもらおうと思ってます。
 結論、やっぱり名前に彦が付く男は優秀な人間が多いなぁ、以上ヤスベェの部屋、大谷泰「彦」がお送りしました(笑)

2013年8月18日「お盆は帰省やお墓参りと合わせて同窓会のシーズン。」

 先日も宇部高校の同窓会の司会を務めさせて頂きました。こちらは昨年も担当させて頂き、今年で2年目です。僕は同校の卒業生でもないのに光栄なことです。会の名称は「かたばみ会総会」といい約600名の老若男女が集う大同窓会です。
 ちなみに名称の「かたばみ」とはカタバミ科カタバミ属の多年草。葉は、ハート型の3枚がとがった先端を寄せあわせた形。クローバーとよく間違われるそうですが、全く異なる植物。実は花言葉は「輝く心」ですから会の名称にもピッタリ。校章にも使用され、校歌の3番にも「かたばみ匂う」とあり宇部高の大切かつ伝統あるシンボルなのでしょうね。それにしても最後の校歌斉唱の時間は同校の卒業生でなくても感涙もの。シンプルなピアノ伴奏に合わせ600名の、年齢や性別を越えた同窓生が歌う校歌は圧巻&ノスタルジックでとても感動的でした。
 あ~そうそう。同窓会で思い出しましたが、以前長門市の大津高校(現大津緑洋高校)同窓会にゲストに来た、ものまねタレント栗田貫一の感動的なエピソードを一つ。
 この時も司会で入っていたのですが、ちょうど彼のステージの最中、会場のホテルに雷が落ち、突然の停電。ついているのは非常灯の明かりだけになり場内は騒然となりました。
 その時の栗田貫一が言い放ったとっさの言動が凄い!
 「え~会場は暗くなりましたが、すぐ復旧すると思われます。それまでどうですか、今日は同窓会、蛍の光ではないですが昔、ロウソクの明かりや照度不足の裸電球で勉強された方も多いと思います。非常口の明かりだけをたよりに校歌を皆さんで歌ってみませんか?」と彼が何もなかったかのように提案したのです。ステージに同窓会長を上げ、無伴奏しかもほぼ暗闇の中での大合唱。なかには昔を思い出したのかすすり泣きも聞こえたりして、栗貫の粋なアイディアは見事大成功、歌い終わる頃には自家発電の電気も供給され無事ものまねステージの再開です。さすがの演出に僕は彼にひと言いいました。
 「いやぁ~栗田さん、さっきのアドリブは効果(校歌)がありましたね」と(笑)

2013年8月11日「なんですか、このクソ暑さは!!?」

 全ての人がクーラーの効いた部屋で仕事しているわけではなく屋外でしかも炎天下の中お仕事の方ももちろんいることでしょう、本当にお見舞い申し上げます。
 さて僕の仕事もたまに屋外(たとえば夏祭り)があり、だいたい夏場のお祭りは夕方からと相場は決まっていますがそれでもぶち暑い!“
 7日(水曜)、広島県は大竹市にある三菱レイヨン大竹工場の夏祭りの司会に行ってきました。現在の名称はサマーフェスティバルですが以前は納涼祭と銘うって開催されていて、実は私ここのお祭り、その頃からのご縁で長~いお付き合い。なんとその長さ、もうすぐ30年!26歳から司会に入りもう僕も54歳ですから、人生の半分以上は三菱レイヨンさんに係わっている計算になります!いやぁ司会者冥利に尽きるのひと言です。バブル期はもちろん不景気な時代も使い続けてもらったんですから。暑いなんていったらバチが当たります(笑)
 さてこちらのサマーフェスティバル、今や大竹市で一番大きなイベントなのですが地元太鼓演奏や民謡踊りが入るのは恒例行事、以前から戦隊もののキャラクターショーが入るのも基本なのですが今年は「獣電戦隊キョウリュウジャー」何それ?ゴレンジャーじゃないの??もうこの歳になるとついていけましぇ~ん、暑さもキャラクターショーも(笑)

2013年8月4日「28日未明に山口市や萩市を襲った集中豪雨では家屋倒壊や床上浸水など甚大な被害を及ぼしました。」

 被災された方々に心からお見舞い申し上げます。そして一日も早い復旧を祈っています。
 さて今回のザ・ケンナイ(オーガニック・メディアISANAの代表堀永州平さんが担当)、僕は光市に住んでいるのですが、「みなくるはうす光」という名称の施設が出来たことを全く知りませんでした。ここは今春、国道188号線を挟んで光市役所の向かいに完成した施設。高次脳機能障害(この言葉自体知りませんでした)の方が自立した生活を送ったり、仕事に就くのをサポートする場所です。
 高次脳機能障害とは?交通事故や高所からの転落、脳の病気によって
・記憶力、集中力が低下
・感情がコントロールしにくい
・物事の段取りが悪くなったり、言葉が出にくくなったりする
 日常の簡単な会話はでき、外見が普通に見えるため「見えない障害」と言われ、本人に自覚がなかったり、家族に理解されず、仕事も上手くいかずに状況が悪化するケースが少なくないそう。みなくるはうす光では連想ゲームや絵を描くこと、文章の書きとりなどで脳の認知機能を高める訓練をしたり、パソコン教室で仕事に役立つ能力を身につけたりしています。
 施設長の徳本さんは40歳と若いのですが、自身も腰痛のリハビリをきっかけに作業療法士に転職し、そこで高次脳機能障害を知って、さまざまな研修や実践をへてこの施設を立ち上げました。開所後から大きな反響を呼び、県内各地から相談や入所が相次いでいます。山口県では年間240人のペースでこの障害を持つ人が増えていますが、まだまだ知られておらず、受け入れ先も少ないのが現状。みなくるはうす光の活動が理解と改善を進める大きなきっかけなりまさに高次脳機能障害の方の光となればいいですね!

 さて夏は疲れが溜まりやすい季節。今回は、夏バテ防止のための生活習慣のポイントを7つご紹介しますね。

 まずは夏バテを防止する4つの食事法
1. 火を使った料理を食べる
2. 食事の品数を増やす
3. 冷たいジュースや炭酸飲料、ビールに注意!
4. 水分を控えるのはNG!

 夏バテを防止する環境づくりを3つ
1. 冷房はほどほどに
2. 汗をかく
3. お風呂に入る

 お互い以上のことに気をつけながらこの猛暑を乗り切りましょう。

2013年7月28日「『暑中見舞申し上げます』に似た言葉で『しょちゅうめまいでもう死にます(笑)』」

 といいたくなるくらい毎日暑いですが、まだ夏はこれからが本番。お互い顔晴りましょう!
 さて昨日はスイカの日だったそう。スイカの縦じま模様を綱にたとえ、27を「つ(2)な(7)」(綱)と読む語呂合わせから、記念日に定められました。ちなみに現在のスイカは緑の地に黒い縞模様が一般的ですが、このような品種が広まったのは昭和初期以降で、それまでは黒、無地皮だったそうです。
 さてスイカ、実は一番好きな果物です。甘さ・赤さ、そして何よりあのボリューム、ほとんど水分なのに食べた感がハンパじゃないところが大のお気に入りです!
 ただ皆さん、食べ過ぎにはご注意を。忘れもしません、僕が小5の夏休み、母方の実家へ行ったときのこと。キンキンに冷やしたビッグスイカの半分をそのままスプーンで一気に平らげました。自宅では考えられない祖父母宅ならではのダイナミックなわがまま食い、大満足で夜ふとんの上で大の字に寝ころび心地よい疲れも手伝ってぐっすりと夢の中へ・・・すると、もともと泳ぎが得意ではない僕が海で溺れる夢(実家が海のすぐそばということもあって)を見てしまい、「あ~溺れるぅ、助けてぇ~」と言ったか言わないか・・・眼が覚めてみるとおやおや股間が冷たいぞ。げっ、うそっ、まさかまさかの、そうです正真正銘の「おねしょ」です。小学校の高学年にもなって実家のふとんは世界地図です。
 もう一回いいますね、スイカの食べ過ぎにはくれぐれもご注意を(笑)

2013年7月21日「今日は参議院議員通常選挙の投票日。」

 自分の住む国暮らす街がさらに良くなるように積極的に投票に行きましょう!
 さて今回の「ヤスベェの部屋」は、僕も司会進行に係わらせてもらうやまぐちピースフォーラム2013について。普段なかなか改めて平和について考えることがないだけに こういう機会に家族揃って「平和」について考えてみませんか。そもそもやまぐちピースフォーラムとは核兵器廃絶を目指して活動している「平和市長会議」に山口県の全自治体が加盟。100%の加盟率になったことをきっかけに、2010年にピースアクション実行委員会が主催して「山口ピースフォーラム2010」を開催、今年で4回目です。
 まずはプレイベントともいえる「平和のつどい」が7月25日(木)に開催。被爆や戦争体験の継承・伝承を目的として山口市民会館小ホールで行われます。そしてピースフォーラム2013は8月2日(金)13:00~15:30 山口南総合センターで開催。各自治体でできることから取組んでいただくために、ご参加くださった首長に「やまぐちアピール・私たちからできること」に宣言、署名いただく予定です。ちなみに僕は二日間とも参加します。
 時間がある方はぜひお越しくださいね!

2013年7月14日「お陰様でアベノミクス効果かどうかわかりませんが、猛暑も忙しいヤスベェです。」

 さてその忙しさからか加齢からか最近抜け毛が多くなりました。そこでちょっと気になったデータをご紹介します。
 頭のはげた男性はふさふさ髪の男性に比べ、心筋梗塞や狭心症など重い心臓病のリスクが高い傾向があることが、東京大の原一雄特任准教授らのチームの研究でわかりました。英医学誌BMJオープンに発表された論文によると、チームは過去の医学論文6本を調査。欧米の30~80代男性約3万7千人を11年以上経過観察したデータから、はげの進み具合とこれらの心臓病の発生率との関係を調べ、その結果、頭のてっぺんがはげている男性は、髪のある男性に比べてこれらの心臓病のリスクが32%高く、特に60歳以下ではリスク上昇は44%に達したそうです。
 なんか髪の薄い男性のほうが、精力がありそうなイメージがありこれはビックリなデータです。このデータが将来、自覚症状がない段階でも生活習慣を変え、予防につなげるきっかけになればいいですが。まぁ全ては神(髪)のみぞ知るでしょうが(笑)

2013年7月7日「中々明けない梅雨を恨みながら、それでも夏は確実にやってきます。」

 夏といえば夏祭り、夏祭りといえば金魚すくいというレベルの低い連想ゲーム?から今回は金魚すくいのお話。
 山口市中心商店街で7月21日、「全国金魚すくい選手権大会」の山口市予選会が開催されます。こちら8月18日に奈良県は郡山市で行われる「第19回 全国金魚すくい選手権大会」への出場権を懸けた予選会。ちなみに昨年は、小・中学生の部では小学6年生の男児が10匹をすくって優勝。高校生・一般の部では、29匹をすくった女性が全国大会への切符を手にしたそうで。そこで今回は金魚すくいのテクニックを受け売りでご紹介。
 ポイントは、3つです。   
 一、「ポイ(金魚を掬う道具、丸い枠に紙が貼られたもの)を水に漬けるときはいっきに全面をつける」その方が、紙の強度は強くなります。ポイの紙がやぶれないように、少しずつ水に漬けている人をよく見ますが、これは間違い。濡れている面と濡れていない面との境目が破れやすくなります。
 二、「金魚を追いかけない」素人はすぐに金魚を追いかけてしまいますが、プロは金魚の動きをある程度予測して、自分のすくう範囲に入ってくるのを待つのです。焦りは禁物!獲物を狙う狼のごとく、息を殺してチャンスを待つ。
 三、「紙に水圧がかからないように斜めに入れる」気を付けなければいけないのが、ポイの水に入れたり出したりする角度。できるだけ紙に負担がかからないように、ポイは斜めに差し入れること!このとき金魚のしっぽからではなく、頭または側面からすくうこと。特に気を付けなければいけないのが、金魚を紙の上に乗せた直後!! あわてて真上に上げちゃだめ!! あわてずさわがず、ポイちゃんの紙の上にできるだけ水が残らないように斜めに引き上げましょう。この時の重要ポイント。水を切りながら金魚はできるだけポイの縁に近いところに移動させるように!!
 締めにプチトリビアを。全国金魚すくい選手権大会の最高記録はなんと3分間で87匹です!約2秒に一匹。いやはや上には上がいるもんで(笑)


2013年6月30日「おかわりありませんか、ヤスベェです!さて今回、ザ・ケンナイで県観光連盟の高畠麻希さんに『やまぐちパワースポットガイド』をご紹介頂きました。」

 山口県には、大自然のパワーを感じられるスポットや、癒しのスポット、学問の神様を祀った神社、恋愛成就にご利益があると言われるパワースポットなど、たくさんのパワースポットがあり、観光連盟発行のパワースポットガイドでは、なんと75箇所も紹介!
 放送では、全ての源「健康」に関するご利益があるとされる瑠璃光寺五重塔(山口市)や「金運」のご利益があるとされる岩国白蛇神社(岩国市)をご紹介頂きましたが、時間的に番組内に入らなかったパワースポットをもう1箇所。それは我が故郷長門市の音信川です。
 ここは女性必見「縁結び」のご利益があるとされる場所、音信川伝説にちなんだ恋短冊、「恋人の聖地」として認定されたスポットなのです。訪れたときはボリューム満点吉冨幸進堂のワッフルを買うのもお忘れなく(笑)。
 さて幸せという目標に向かって日々頑張っている中、お参りしたり、自然などに触れたりすることで、「また明日から頑張ろう!」という気持ちになる場所(パワーがもらえるスポット)がパワースポット。ガイドを参考に、楽しみながら色々訪れ、自分なりのパワーがもらえるスポットを見つけ、癒しと元気を手に入れる旅を楽しんでもらいたいですね。そういう時間や遊び心は人生にとても大切だと思いますので。

2013年6月23日「あなたは『ご当地の踏み絵』なるインターネット内のおもしろ情報サイトはごぞんじですか?」

 簡単にいうとあなたの県民度や郷土愛を楽しくチェック出来るホームページなのですが、47都道府県全て網羅され、当然山口県もあります。代表的な項目や面白い項目を10個ピックアップしてみましたので、自分自身いくつ共感するか数えてみて下さい。数が多いほど県民度が高いということになります。

・「おいでませ山口へ」は、歴史に残る名コピーだと思う。
・しかしながら、完全に死語と化している「おいでませ」をあちこちの観光地の看板に表記してあるのは恥ずかしい。
・海響館に行くと食欲がわく。 
・語尾に「~っちゃ」をつけまくり、「ラムちゃんみたい」と言われたことがある。
・名古屋の青柳ういろうに、対して強いライバル心がある。
・萩や秋吉台とともに観光ルートとなっている有名な津和野だが、この津和野が島根県なのに山口県と思われている点は、ラッキーだと思う。
・とりあえず、情報誌トライアングルには目を通す。
・カードレールの色は、オレンジが常識だ。
・じいちゃんが話す時は「ありゃぁね・・・」から始まる。
・沢蟹が家に入り込んできたことがある。
                       以上10項目です。

 いかがでしたか?納得項目から馬鹿馬鹿しいのも含め全部で100項目近くあるのですが、興味のある人はぜひ「ご当地の踏み絵」とパソコンで入力して見てみて下さいね。私の項目も3つあったのですが、自分で紹介するのはちょっと恥ずかしいので内容は見てのお楽しみです(笑)

2013年6月16日「おかわりありませんか、当分行ってない人間ドックを近々受診しようと思っているヤスベェです。」

 理由は二つ、最近慢性的な運動不足もあつて(特に昨年発症した痛風以来)体力の衰えを感じるのと、そして凄い人にインタビューさせて頂いたからです。運動不足は同世代の方は特に同感者が多いと思うので、説明は割愛させてもらいますが、もう一つ凄い人の話を今回は「ヤスベェの部屋」で。
 噂のその方、お名前は村中信一さんといいます。岩国工業高校を卒業後、岡山県の三井造船に入社。事務技術職で設計から製作、引き渡しまでの担当職を遂行。もっとも大きな仕事としては世界最深部に潜る潜水ロボットの開発、地球探査船「ちきゅう」の建造、海上自衛隊の護衛艦他補助艦の建造などなどを担当し60歳で退職。その後故郷岩国市に40年ぶりにUターンし現在に至る。と、ここまでもなかなかですが、凄いのはここから。
 この村中さん、現在65歳なのですが、実は世界的なトライアスロンの選手。トライアスロンはごぞんじ、水泳・自転車ロードレース・長距離走の3種目を、この順番で連続して行う耐久競技。1974年、アメリカで初開催された比較的新しいスポーツです。そしてそのトライアスロン中でももっとも過酷なレースがアイアンマン。村中さんは今年の3月、ニュージーランドで開催されたこのアイアンマンレース(男子65~69歳の部)で見事、優勝!まさに鉄人です!!
 3競技の距離を知るともっと凄さがわかります。水泳3.8キロ、自転車180キロ、そしてフルマラソン42.195キロ、なんと計226キロ!これを約半日かけて完走します。当然休憩なんてありませんよ食事も全て競技中です(笑)。
 もともとスポーツはお好きだった村中さん、45歳からジョギングを始め、50歳からトライアスロン、もちろんその頃はまだ仕事との両立です。そして現在、世界的なアスリートに。天晴れ!いやぁ「継続は力なり」を地で行くまさに見本ですね。今は10月にハワイで開催のワールドチャンピオンシップに向けてトレーニング中。毎朝10キロ走り、午前中は農作業、午後から市内プールで週5回3キロ泳ぎ、自転車は週2回、約100キロ乗っているそうです。いやはや。そんな村中さんの夢が「80歳、アイアンマンで世界一」。おそれいりました。
 さぁ、私ヤスベェただ今54歳。人間ドックを受診し、体調を整え、生まれ変われるか?こうご期待。
 追伸:父の日に、あてにならない肉体改造宣言でした(笑)

2013年6月9日「この時期、本来なら(番組タイトルじゃないですが)明日天気になぁれといいたくなるシーズンのはずなのに・・・」

 空梅雨なのか?はたまた気象庁の勇み足だったのか?(笑)ということでちょっとピンボケ気味ではありますが、一応梅雨らしいので年々進化を続ける最新傘事情を紹介します。
 まずは不意の強風に煽られても壊れない傘、その名もスマートS。空気力学の応用により風に逆らわない状態を確保して強風でも傘が裏返らないそうですよ。お値段:3800円。
 続いて部品を簡単に分解し、ごみの分別やさらにファッションコーディネートに役立つ傘、名称は「エコ・デ」。まさに今の時代にぴったりのエコ&オシャレ傘、6090円なり。
 そして極めつきは柄の部分にLEDを内蔵し、夜光る傘。その名もレインボーフラッシュ。中棒と石突(地面に付く先端の部分)のLEDが7色(レッド、ブルー、グリーン、パープル、スカイブルー、イエロー、ホワイト)それぞれに単色で点灯、さらにこの7色が2種類のスピードで点滅、全9パターンで発光します。気分はすっかりスターウォーズのライトセーバー!本体グリップ部に白色のLEDを搭載していますので、足元を明るく照らすのはもちろんカバンに入れた携帯や財布を探したいときにも便利です。ただ単4電池を3本使用するのでちょっと重くなるのが玉にきずですが。ちなみに、LEDが点灯していないときは「いたって普通の傘」としてもご利用いただけます(笑)最後に何が凄いってこの傘、値段がなんと1480円!
 あ~ぁ雨もっと降らないかなぁ(笑)最新傘事情でした。チャンチャン。

2013年6月2日「6月に入りました。衣替えのシーズンです。あなたはきちんとやるほうですか?」

 僕はご想像通りです(笑)。さてこの衣替えの習慣、歴史はずいぶん古く平安時代の宮中行事から始まったそうです。中国の風習に倣って旧暦の4月1日(新暦5月14日)および10月1日(新暦11月14日)に夏服と冬服を着替えると定め、これを「更衣(こうい)」と呼びました(まさに更衣室の更衣ですね)。それが現在の衣替えのルーツだそうですよ。さぁ、番組のほうは全く衣替えなくいつも通りの流れですが(笑)。
 話変わって今回の顔晴れ商店街でご出演頂いた繁光裕二さんのお話には本当に感動しました。宇部新天町名店街で鮮魚「繁光」といえばおなじみのお店、こちらの店主が繁光さんです。子供達のために街のミニ水族館を店頭に造ったり、釣り人のために釣った魚の調理サービスも行ったりとなるほど街のお魚屋さん、消費者の味方ぶりにも感動なのですが、何が一番すごいかといえばその働きぶり。なんと40年間無休!朝早く魚市場に行き19時まで営業、もちろんお正月もお盆も一日も休み無しです!!
 ご本人いわく「身体を頑丈に生んで育ててくれた両親に感謝」とのこと。普通なら「頑張った自分自身を褒めてやりたい」とかでしょ(笑)まさにご自身が、休むことなく泳ぎ回る回遊魚そのものです。商売人の鑑、繁光さん、僕が知事なら間違いなく山口県の鉄人に県民栄誉賞です。最後にご本人がひと言「ただ家族には旅行の一つも連れて行ってやれず申し訳ないと思っています。」こりゃほんとに衣笠祥雄よりすごい(笑)

2013年5月26日「大安や仏滅さらに友引は誰でも知っていますね。」

 カレンダーに大安を見つけると大安吉日というだけにちょっと嬉しかったりします。
 ではあなたは、天赦日というのはご存じでしょうか?天赦日。天が赦す日と書いて「てんしゃにち」もしくは「てんしゃび」と読みます。天がすべての罪を許すという日本の暦の上で最上の吉日。一年の中で5~6日しかない貴重な日で簡単いうと最強の大安です!新しい何かをスタートさせたりまたは躊躇していたことに挑戦するにはもってこいの日。宝くじの高額当選者の多くがこの日に財布を新調したというデータがあるそうですよ。
 では天赦日に行うと良いとされること、たとえば
• 結婚、結納、入籍、慶事
• 出生届
• 引っ越し
• 開業
• 財布の新調
• 今まで躊躇していた事を始める(たとえば好きな人に告白とか!さらにこの日に初めて出会った人は自分にとって大切な人かも!?)
 なぜ僕がこの話をしたか?そうです、実は明後日5月28日がその日!ぜひ皆さんも 明後日は宝くじ売り場へ(笑)ちなみに今年は7月27日・8月10日・10月9日・12月24日も天赦日です。他にも「一粒万倍日」や「寅の日」なる吉日もありこの3つが重なるスーパーウルトラ開運日もあったりします。ちょっと調べてみたりすると面白いですよ!

2013年5月19日「今日はボクシングの日。」

 1952(昭和27)年のこの日に開かれたボクシング世界フライ級タイトルマッチで、挑戦者・白井義男がチャンピオンのダド・マリノに判定勝ちしました。日本初のボクシングチャンピオンの誕生、これを讃えての記念日というわけです。当時、白井義男は30歳、遅咲きの栄光でした。それにしても30歳にしてボクシングという過酷な中での世界チャンピオン獲得、年齢などであきらめてはいけないというお手本のような気がします。さらにもう一つ白井伝説を。1955年5月30日、王座陥落後の世界王座再挑戦。試合は5回KOで敗れ、彼は現役を引退。なお、この試合の中継は最高視聴率なんと96.1%を記録!この数字は、現在のテレビ放送視聴率の中で最高記録です。
 さて改めて今現役で(5月19日現在)何人くらい世界チャンピオンがいるか改めて調べてみました。するといるわいるわ!
・WBA世界ライトフライ級王者・井岡一翔 2013年5月8日・初防衛に成功
・WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮 2013年5月8日・初防衛に成功
・WBAスーパーフェザー級王者・内山高志 2013年5月6日・V7達成
・WBCバンタム級王者・山中慎介 2013年4月8日・V3達成
・WBCフライ級王者・八重樫東 2013年4月8日・王座獲得(2階級制覇)
・WBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司 2013年4月8日・王座獲得
・WBAバンタム級王者・亀田興毅 2013年4月7日・V6達成
の実に7名。
 全て白井義男さんから始まっているわけです。白井さん、貴方の後輩たちは日の丸を背負って頑張っていますよ!
 話変わってIBFミニマム級王者・高山勝成も今年の3月30日に王座を獲得しているのですが、現在日本で世界王者として認められてないそうです。認めてやれよ~日本!

2013年5月12日「今日は母の日。80歳を過ぎた僕の母親は未だに自分のことはさておいて僕の心配をします。

 僕ももう54歳、バリバリのオジサンなのですが、いくつになっても母親からすると息子なのでしょうね。
 さて今回のアシテン通信、たまには曲をかけるのもいいなぁと思い今日は「母の日」にちなんでお母さんに捧げた曲をかけました。改めて母をテーマにした曲、古くは童謡・唱歌「母さんの歌」に始まり森進一「おふくろさん」や海援隊の「母に捧げるバラード」に引き継がれ今ではスマップのディアウーマンやコブクロの蕾など多くの母を想う名曲があります。
 今日僕がチョイスしたのは沖縄出身のロックバンドかりゆし58が2006年に発表した曲「アンマー」。ちなみにアンマーとは沖縄の言葉でお母さんという意味です。この曲「アンマー」は、ボーカル・前川真悟が自身の母に向けての曲。学生時代、彼は不良で母も手がつけられないほどだったそうです。その後なんとか高校卒業し、バンドを結成。しかしインディーズCDを出すもまったく売れず、契約打ち切りまで追い込まれた。その時、彼は社会で生きていく苦しさを知り、母の苦しさも初めて知った。そしてこのアンマーが出来たそうです。
 歌詞の中で「木漏れ日のような温もりで、深い海のような優しさで全部全部、私を包み込んだ」とありますが、この言葉の中に母親という存在を全て表しているような気がします。
2006年当時はまだインディーズアーティストだった彼らですがこの曲でインディーズでは異例となる日本有線大賞の新人賞を受賞。誰あろうこの受賞を一番喜んだのは彼のお母さんだったことでしょうね。

2013年5月5日「今日は子供の日!日本中で鯉のぼりが元気に泳ぎ、様々な行楽地で子供たちの笑顔がはじけていることでしょう。

 そこで今日は最近の子供の名前事情について書きます。つい先日、知人の披露宴の司会を務めました。多くの幼児が参加するほんわかアットホームなパーティーだったのですが、その会場にいる子供達の名前が凄い!
 『寧億・海惺・未夢・奏菜・心都・雄大』 さぁ、あなたはいくつ読めますか?
 それぞれ、ねお・かいせい・みゆ・かんな・こと・たけひろ、と読みます。最後の「雄大」に至ってはひっかけ問題みたいです(笑)もちろん親御さんたちは字画等を調べ我が子の将来を考えて、さらに他の子供とは被らないまさにオンリーワンの名前を付けるのだと思います。
 ただ読みづらい名前は司会者泣かせなのは事実、そしてこの子供達が同じ披露宴にいたのも大事実!つまり幼稚園でいうひとクラスにこのレベルの名前がズラリ!!いやはやこりぁ先生も大変だ(笑)
 そういえば昔、僕の弟弟子から聞いた名前にちなんだ笑い話を思い出しました。ちなみに彼の名前は滋(しげる)。これを電話で説明するときにいつもめんどくさかったとのこと。さんずいに~と説明しても先方がなかな理解してくれないときは滋賀県の滋ですとか滋養強壮の滋に例えるそうですが、これでさらに泥沼にはまるとか(笑)。
 ただ女優の「室井滋」が売れてからは説明が楽になったそうです。その前に本人がタレントだけに自分が売れろって話ですが(笑)。

2013年4月28日「ケンミンまるごと大調査-47都道府県ランキング発表!山口県民の県民性とは??

 テレビプログラム「秘密のケンミンSHOW」それぞれのお国柄を自慢したりその違いに驚いたりのバラエティで人気番組です。そこであなたにズバリ聞きます。山口県民(県民性)をイメージすると?
 実は文芸春秋社から「ケンミンまるごと大調査―47都道府県ランキング発表!」という本が刊行されました(山口新聞に記事掲載)。この本は全国32000人にアンケートし、47都道府県をそれぞれ細かく分析したものなのですが、総合的な山口県民の分析結果は、「どっしりとしたプライドを持つ、超保守的な県」。なるほど過去の国政選挙の結果に通じる分析ですね。 (今日もちょうど参議院議員補欠選挙の投票日ですが)
 ちなみに山口県がアンケートで全国1位になった項目は「インターネットよりテレビのほうが好き」 第一位。なんと、「性欲は弱い方である」 これも第一位(笑)。愛情面では日本一ジェラシーが強く、恋人の浮気を見つけたら大暴れするのが山口県民の愛情の深さ。頑固で身持ちが固い、その貞操観念の高さは性欲の弱さに支えられている?との分析が。ホンマかいな(笑)まぁ性欲の強弱はともかく興味のある方はこのゴールデンウィーク中に書店へどうぞ。一冊1200円(税別)也。 
 お終いに男子の全国1位は「約束・ルール・締め切りは守る」。これはなんとなくわかるような気がするヤスベェでした!

2013年4月21日「大手お菓子メーカーカンロ創業100周年記念資料館『CANDY PARK ヒトツブのヒカリ』完成!」

 大手お菓子メーカーカンロの創業100周年を記念して私の住む光市(カンロの創業地)に資料館完成しました。その名も「CANDY PARK ヒトツブのヒカリ」なんとも可愛いネーミングですね!この資料館、日本初の、しょうゆを材料にしたヒット商品「カンロ飴」の誕生秘話を、紙芝居風の映像で披露。タッチパネルで、歴代のCMも紹介。59年ごろは、バレリーナの森下洋子さんを起用していたそうです。ちなみに重さ25キロ・通常の3000個分の「大玉カンロ飴」にも出合えます。う~ん、ちょっとだけ舐めてみたい(笑)
 突然ですがここでクイズです。ガムでおなじみ、ロッテのキャッチフレーズは「お口の恋人」ではカンロのキャッチフレーズは?・・・正解は「カンロはお口の童話です」。
これがカンロ飴になると「一粒のメッセージ」となります。どちらもロマンチック、さすがお菓子メーカーならではの名コピーですね。
 さて改めて「CANDY PARK ヒトツブのヒカリ」ですが近隣には、伊藤公資料館や生産者直売所「里の厨」もあります。資料館が加わり、観光スポットの魅力が一層増したのは事実。これで我が街光市に多くの観光客が訪れたら嬉しいなぁ。二つの大きな海水浴場、冠梅園含め本当に良いところですから。

2013年4月14日ど~も。ネットショップ「アマゾン」に大はまりして商品のジャングルの中から帰ってこれないヤスベェです(笑)

 さて今回は第一回からMCとして参加させてもらっているアースデイ瀬戸内のことを書きますね。アースデイ(別名:地球の日)は、地球環境について考える日として提案された記念日。ウィスコンシン州選出のアメリカ合衆国上院議員であったゲイロード・ネルソンが1970年4月22日に環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけ現在では、世界184の国の地域、約5000か所で行われる世界最大の環境フェスティバルに成長しています。このアースデイをきっかけに、人々の感心が環境問題に払われるようになり、環境保護庁設置をはじめ大気浄化法、水質浄化法など様々な環境法が整備されました。もちろん日本でもその呼びかけに賛同し中四国地方ではこのアースデイ瀬戸内が最初に活動を始めたのです。
 そのアースデイ瀬戸内も今回で7回目、キーワードを「7」に7色の虹の虹ヶ浜海岸(光市)で「7世代先に豊かな海を残そう」をテーマに開催。ゴミのないイベントとして、例年よりさらに力を入れ、マイ食器の呼びかけ、出店者の協力でデポジット食器の使用を徹底。ゲストも元ザ・ブルーハーツのドラマー、THUNDER BEAT氏が出演。和太鼓とのコラボで圧巻のライブを聴かせます。そして綱渡りのプロ、三由野さんの協力で、海岸の「渚の遠足」コーナーには初のスラックライン(綱渡り)コーナー(20日のみ)が、さらに海コンも共催予定。参加するたびに思うのが参加者全員「お金持ち」ならず「心持ち」であるということ。
 まだそこまで達観出来ない不肖の私はこの日のボランティア活動を通じていつも心の洗濯をさせてもらってます。日本の将来が不安なそこのあなた、世の中全てが信じられない君、きっと未来が楽しくなるヒントや人が好きになるきっかけがこのイベントに溢れてますよ、ぜひ来て体感してみてね。
 結びに一番最初に誘ってくれた冒険家の原康司君に何より感謝!

2013年4月7日「新年度最初の日曜日、いかがお過ごしですか?あなたのヤスベェです(笑)」

 さて年度も替わりましたので、「ヤスベェの部屋」もプチリニューアル。今までは全てのコーナーをちょっこっとずつ網羅していましたが、それは毎週の最新情報に任せるとして、これからは自身が特に気になったものを拾い上げて書こうと思います。
 と、いうことで今回はザ・ケンナイでご紹介頂いたクリエイティブワイツー代表やまねよしみさんの著書「新聞の鬼 山根真治郎」をピックアップ。やまねさんは山口や広島で司会業を勤めるいわば同業者。そのやまねさんの大伯父にあたる男性がこの本の主役山根真治郎です。彼は玖珂町(現岩国市)の出身で明治末期から約50年間新聞人として一貫したその姿から「新聞の鬼」と呼ばれた気骨ある長州男児。後にジャーナリスト養成施設「新聞学院」を創立(1931年)し自ら学院長を務めました。やまねさんが7年前に放送大学に入学した際、新聞学院等の情報が全然見当たらず悔しさも手伝って世界に誇れる情報を自分で紹介しようと思ったそうですが、当然私も彼を全く知りませんでした。ただ知らないながらも本を読ませてもらって、松下村塾や日本最多の総理大臣を輩出した我が山口県に流れる血脈のようなものを感じました。それはずばり「志」です。単なるお金儲けや立身出世とは格の違う、凄みとかっこ良さがこの本の中に溢れています。全てを恐れず(戦争・政治・経済・世相等)事実のさらに奥にある真実を追求する男の戦いが潔いこの一冊。いやぁ著者のやまねさん、こんな本が書けるとはアナタも男前ですねぇ(笑)「大変な時代だから」こそ読んで欲しい一冊、それが「新聞の鬼 山根真治郎」です。

2013年3月31日「この土日が桜の見ごろ、まだ3月でちょっと例年より早いですが。」

 ちなみに僕のお勧めは下松市の恋ヶ浜緑地公園。広い芝生(もちろん入れる)の周りはグルリ桜の木。芝生でゴロっと寝っころがるのもよしキャッチボールやバドミントンをするもよし。小さいお子さんのいる家族連れにバッチリですよ!
 さて今回のアシテン通信は新刊本(3月21日発売)の情報。教科書でおなじみ帝国書院が出版した『歌がつむぐ日本の地図』というもの。さてこの本、どういうものなのか簡単にいうと歌謡曲・童謡・唱歌などの懐メロから、民謡やJ-POPまで様々に曲を県ごとにご紹介。つまり音楽の地図帳なんです。懐かしの旋律が頭をよぎり、情景の想像が膨らむ一冊といったところでしょうかキャッチコピーは「懐かしの名曲があなたの旅ごころを誘う」えっ!?なぜそこまで熱心に紹介しているのかって?そうです!山口県のページは何をかくそう僕が担当したからです(笑)全国の書店に並んでますのでぜひご覧下さいね!
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は宇部中央銀天街から「BabyDasu(ベイビーダッシュ)」の代表、濱田剛士さんです。こちらは海外直輸入のベビー・子供服セレクトショップ。元々インターネットショップを運営されていた濱田さんが満を持して昨年の7月にお店をオープン。アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなど色々な大陸国から輸入しておりカラフルでポップな商品から、シンプルでクールな商品まで色々取り揃え。オリジナルの商品も製作中(5月発売予定)だそうですよ。店内にはキッズコーナーもあるそうなので、お子さん連れでぜひ!
 そしてザ・ケンナイは、県地域振興部中山間地域づくり推進室の(4月1日からは推進課)主査藤田郁昭さんのご登場。地域の時間・空間・文化をゆっくり楽しむ「やまぐちスロー・ツーリズム」の魅力を紹介して頂きました。田舎ならではの自然や歴史、生活文化を生かした「体験交流プログラム」や、農山漁村の生活を体験できる「農林漁家民宿」など、都市住民との交流を進める活動が県内の農山漁村に広がっているそうです。もちろん県内の良さを再認識するために地元の人にも積極的に活用してほしいということです。ぜひ!

2013年3月24日「1983年の今日、中国自動車道が全線開通しました」

 ちょうど30年ですね!今、中国道を運転中のあなた、スピードはもちろん控えめに。あっ、ちなみにラジオのボリュームは控えなくて結構です(笑)
 さて今回のアシテン通信は「ゆるキャラ」の話題。熊本県の地元PRキャラクター「くまモン」を利用した商品の2012年の売上高が、293億6200万円に達したと発表。凄いですね!一方我が故郷 山口県のゆるキャラといえば、ちょるる。ここまでの売上げを誇るまでの人気はまだまだですが、ゆるキャラグランプリ2012にエントリー、準グランプリを獲得、さらにハローキティとの「おともだち協定」も結ばれました。いよいよ季節は春、イベント等でちょるるの活躍のシーズンでもあります。あなたもちょるるを使ってビジネスに繋げるのもいいかもです。
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は萩田町通商店街から「山下時計店」の店主、山下成一さんです。昭和8年創業のこちらのお店、時計・ジュエリー・眼鏡の販売及び修理で地元ではもちろんおなじみ。ちょうどこの時期ショーウインドウには可愛い雛飾り(5段)が飾られてます。オリジナルの婚約リングも作製されているそうなので近々結婚予定のカップルはぜひ!
 そしてザ・ケンナイは、雑誌くるとんの編集長藤井康弘さんの番。今回のテーマは「母の笑顔が見たくて始めた定食屋」岩国の閑静な住宅街にある定食屋さん「きっちんプチトマト」の話。ご近所の人しか知らない、そんな小さな小さなお店です。ガンを克服した母親。だが、かつての明るさはなく、家に閉じこもり、塞ぎこむことが多くなったそう。そんな母に元気になってもらおうと、娘さんは定食屋を開業し、手伝いを頼みます。母はかつて、料理が大好きで、学生寮の調理師もしていたそうで。母は店を手伝う内に、笑顔を取り戻し、今ではお店のお客さんとカラオケに出かけるほど元気なり、娘さんは呆れているということです。いい話だなぁ(しみじみ)

2013年3月17日「今日は漫画週刊誌の日」

 1959年のこの日、日本初の少年週刊誌『少年サンデー』『少年マガジン』が創刊したことを記念した日です。奇しくもこの54年間の歴史が僕と年齢とちょうど一緒。マンガみたいな人生を送ってきたからまさにピッタリかも(笑)
 さて今回のアシテン通信は23日に徳山商店街で開催される「さくらえびす祭」の話題。
さすが商売繁盛の神「えびす様」がタイトルについているだけあって「現金つかみ取り」「ビンゴゲーム大会」「タイムバーゲン」等超お得イベント目白押し。こりゃ~行くしかありません!
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は防府天神商店街からカフェ「空間茶天」の店主、横田栄子さんです。こちらは古民家をそのまま活用、くつろぎのスペースでゆっくり過ごせます。野菜中心のフードは家庭菜園で採れたものも使用し地産地消も心がけます。変わったものとしておからのスイーツ(ガトーショコラや塩チーズケーキタルト)もあり。県内工芸作家の作品展等もたまに行っているそうです、タイミングがよければ見られるかもですよ。
 そしてザ・ケンナイは、インターネット版タウン情報しものせき編集長、逆井健さんが久々の登場。テーマは「本格コスプレ、下関海峡まつりで武者になりませんか」5月3日(祝・金)のしものせき海峡まつりで武者行列・合戦などに甲冑や官女の衣装で参加してくれる市民を募集しているそうです。最近歴女ブーム等もあるので興味のある人はぜひ!

2013年3月10日「東北の大震災から明日で丸2年」

 これだけの時間が経過してもまだまだ全ての復興にはほど遠いのが現実。特に原発については見えない敵というのも手伝って本当に進んでいません。さらに今年は例年以上の大雪で大変でだったことでしょう。もうすぐ春、東北地方に一日でも早く本当の春がやってきたらいいですね。
 さて今回のアシテン通信、14日に迫ったホワイトデーの話題。一般的にバレンタインデーにチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日。この習慣は日本・韓国・台湾・中国の一部など東アジア特有のものであり、欧米ではこういった習慣は見られないそう。じゃ止めてもいいかも。あっ、先にもらってるからそういうわけにもいかないか(笑)
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は小野田駅前商店街から「よつば整骨院」の院長、吉田賢司さんです。吉田さんは昔僕がパーソナリティを務めていた深夜番組のヘビーリスナーだったらしく今回のご出演をすごく喜んでくれました。こちらは整骨・整体・痩身の人気治療院。聞けば全国交通事故認定の治療院でもあるそう。もしもの時は心強いですね!
 そしてザ・ケンナイは、おなじみ「長州の食いしん坊」こと株式会社モトクロス松永秀夫社長の登場。今回はホワイトデーが近いという事でカップルで行くのにオススメのお店。まずはドライブデートに最適、長門市千畳敷(せんじょうじき)にあるカントリーキッチン。日本海を見下ろせる千畳敷の(公園管理室でもある!)絶景レストラン。そして山口市阿知須にあるペイザン、イタリアンの老舗でいまだ超人気店。とにかくパスタとピザが美味しい! ここは僕も大好きなお店の一つです。ぜひ!

2013年3月3日「今日は桃の節句ですね」

 ひな祭り、ひいなあそびともいうそうです。歴史は古く平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が残っているそう。ただ我が家は息子なので正直ひな祭りはピンときませんが(謝)
 さて今回のアシテン通信、2月末で50年の歴史に幕を閉じた、近鉄松下百貨店の話題。これで山口県東部から全ての百貨店が無くなったことになります。徳山商店街にとっても大きな損失ですが、ただ近鉄松下に入っていたテナントがスピンアウトしての出店ラッシュもあるそうです。どちらにしても徳山の街なかに転換期が訪れているのは間違いないようですね。
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は徳山中央街商店街から「やまさき菓子舗」の三代目、山崎憲一郎さんです。こちらは創業72年、徳山銘菓小菊まんじゅうでお馴染みの老舗店。和菓子はもちろん最近はワッフルやガトーショコラなど洋風のもの、さらにお菓子以外に乾物やお酒から雑貨まで取り揃えてあるそう。よっ!三代目、頑張ってるねっ!
 そしてザ・ケンナイは、プランニングルーム「トライアングル」の室長小林未央さんの登場。テーマはずばり萩で味わえる長州しゃぶしゃぶ!「萩まちじゅう味めぐりキャンペーン」の一環として、萩産食材を使用した「長州しゃぶしゃぶ」が誕生。長州しゃぶしゃぶは、萩産食材のみを使ったしゃぶしゃぶで、“あまだい、真ふぐ、ぶり、見蘭牛、むつみ豚”のいずれかをメインにすることなど、市内10店舗で、さまざまなアレンジを凝らしたしゃぶしゃぶを堪能することができます。このしゃぶしゃぶは3月31日までの限定メニューだそうですよ、お見逃し無く!

2013年2月24日「今日は覆面のヒーロー、月光仮面登場の日」

 1958年のこの日、ラジオ東京(現在のTBS)で『月光仮面』のテレビ放送が始まったことに因みます。これが、国産初のテレビ映画だそうですよ。時は50年以上流れヒーロー像もずいぶんと様変わりした気がしますが・・・ただ正義を貫くその姿勢はいつの時代でも胸が熱くなりますね!
 さて今回のアシテン通信、月光仮面が正義のヒーローならこちらは疲労の話(笑)加齢臭ならず疲労臭対策には夜風呂が効果的という話題。朝慌ただしくシャワーを浴びて出勤しても疲れがしっかり取れておらず、汗の中のアンモニア濃度が減少する時間が少ないため、体臭が消えません。一方、前の晩、湯船にゆっくり浸かって血液の循環をよくしてから眠ると、体内の乳酸とアンモニアが減少して体臭の原因が弱まった状態で翌朝を迎えられるというわけ。結論、夜風呂は一日働いた疲ればかりでなく体臭の元まで減らせる…。つまり一石二鳥。これは朝シャワー派も夜風呂派に乗り換えたくなる話ですね。ただ一所懸命働く汗は尊くその匂いは臭くないという考えかたももちろんありますが。これこそ社会のヒーローですから!
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は下松大手町商店街から美容室「おか」の代表、岡幸寛さんです。こちらの店舗は純和風で落ち着いた雰囲気。お客さんの年齢層は子供から大人まで幅が広くメンズカットが得意ということで多くの男性客も来店。さらに河村さんはトークがお得意、一度来店するとハマること間違い無しですよ。ぜひ春ヘアはこちらへ!
 そしてザ・ケンナイは、県総合政策部広報広聴課主任主事の渕上亜紀さんに「元気になるメールマガジン!!山口きらめーる」をテーマにお話をして頂きました。山口県では、県内外に向けて山口県の旬な情報を、メールマガジンで毎月2回発信。なんと毎月1回抽選で、山口の特産品の読者プレゼントも実施!人気も高く都道府県発行のメールマガジン登録者数全国3位だそうですよ!まだのあなたも山口きらめーるへの登録をぜひ!

2013年2月17日「一年のうちにチョコレートが一番、消費される日、バレンタンデーも無事終わりましたね」

 このバレンタイン、日本では、1958年ころから流行しはじめ、日本社会に定着したのは、1970年代後半。「女性が男性に親愛の情を込めてチョコレートを送る」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこのころでした。ただ、日本におけるバレンタインデー文化の、起源、普及過程、社会的機能、歴史的意義などに関するまとまった研究は存在しないそう。とどのつまり他人の惚れたはれたなんてどうでもいいってことなのかなぁ(笑)
 さて今回のアシテン通信は、日本のペット事情。現在のペット関連市場に関する各調査機関の調べを総合すると、その市場規模は2010年度で約1兆3,000億円に達し、さらに年々市場は拡大しており20年前と比べると、約2倍の市場規模に達したとのことです。確かに我が家も僕の散髪より愛犬のトリミングのほうが高価だもんなぁ・・・私こう見えても一応一家の主なんですが(笑)
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は山口湯の町商店街「原田酒舗」の店長、岩﨑憲さんです。こちらは大正7年創業の老舗酒店。湯田温泉街に店舗を構えるので、観光客など県外の人へ山口の地酒の美味しさを伝えます。「わかむすめ」(新谷酒造)「東洋美人」(澄川酒造場)などは一部限定販売もあるそうですよ。日本酒好きの人はぜひ!
 そしてザ・ケンナイは、萩・維新塾の塾生、槌屋幸子さんが「幕末・維新girl’sサミットin萩 報告会」参加者の募集についてトークして頂きました。萩維新塾主催事業として、23日・24日に「幕末・維新girl’sサミットin萩」を開催。全国から約50名の幕末・維新の歴史や人物を愛する歴女が萩に大集合。年齢も10代から60代と幅広いそう!その歴女たちが萩の旧跡をたどるとともに、歴史について学び、幕末ゆかりの志士などの魅力について語り合います。24日、このイベントの最後に「報告会」を開催。報告会は無料で男性でも参加ok。歴史好き維新好きのあなたもぜひ!

2013年2月10日「明日2月11日は建国記念の日、つまり祝日です」

 建国をしのび、国を愛する心を養う日。1966年(昭和41年)国民の祝日に加えられ、翌1967年から2月11日で適用されました。祝日にほとんど日の丸を掲げなくなった今、あらためて日本にそして故郷山口で暮らしていることに感謝したいですね!
 さて今回のアシテン通信は、2月16日に徳山動物園で開催される「くるぞう!フェスタ」の情報。徳山商工会議所青年部(青友会)の皆さんが働きかけた、象をもう一度徳山動物園に呼ぶための活動、その名も「ぞうさんプロジェクト」が花開き、遠くスリランカから2頭の象が寄贈されることが決定!その報告会を兼ねたイベントがこの日に開かれます。童謡「ぞうさん」のゆかりの地、徳山にやっぱりぞうさんがいないとね。本当に良かったです!
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は新南陽駅前商店街「伊豆屋菓子舗」の4代目、伊豆創さんです。こちらは大正10年創業の老舗菓子店。昔ながらの製法で作る自家製あんの大判焼きは最高!僕も昔、新南陽に住んでいたのでよくお世話になっていました。こちらは和菓子店ならではのあんを使用したケーキ(あんクレープ・シベリア・タルトなど)もあるそうですよ。ぜひぜひ!
 そしてザ・ケンナイは、人呼んで「長州の食いしん坊」こと株式会社モトクロス松永秀夫社長の登場。今回はバレンタインデーやホワイトデーが近いという事で、カップルで行くのにオススメのお店を2店舗ご紹介。まずは山陽小野田市にある、ソルポニエンテ。夕陽百選にも選ばれた海岸沿いにあるお店でカッコいい建築、素晴らしい景色を見ながらスペイン料理を食べる事が出来ます。21時までと営業時間が少し短いですが、夕陽を見られる時間帯から行くのがオススメ。そして宇部市中央町にある、創作串揚げの「つもり」。カウンター10席のみの人気店。目の前で店主がタイミングを見計らって、次から次へとアツアツの創作串揚げを出してくれます。基本的には、全てお任せで注文。目安は15本~25本くらい、満腹になったとこでストップと申し出れば終了。そして最後は、串揚げデザート(いちごやバナナ等)が登場。その美味しさと珍しさに女性は大興奮する事間違いナシです!今からデートが楽しみですねっ!!

2013年2月3日「大盛り上がりでした!」

 先日、長門のルネッサ長門で開催されたおやじバンド祭りに僕も我がバンド、サンセットロードで参加しました。今回が9回目だったのですが、今までで一番のお客さんの数。大盛況でした!最後に僕が音頭を取り会場の皆さんと一緒にチューリップの「サボテンの花」を歌ったのですが大盛り上がり! この番組で紹介したのを聴いて北九州からも来て頂いたようです。ご参加頂いた全ての人に感謝です。本当にありがとうございました!
 さて今回のアシテン通信は、ずばり節分。もともと節分とは季節の分かれ目をいい、「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをさします。しかし、寒くて厳しい冬を越えて暖かな春の始まる立春の節分はとりわけおめでたいということと、昔は立春が新年の始まりにも相当する大事な節目だったので、その前日の節分は年越しとして大切なもの。そこで他の節分よりも重要視されるようになり、節分といえば立春の前日をさすようになったのです。以上、なるほど納得ゼミナールでした(笑)
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は山口駅通り商店街の生活雑貨店「プチピーナッツ」の店長、木原伸江さんです。こちらは2005年にオープンした古民家を改装した2階建てのお店。1階は可愛い器メーカー「スタジオ・M」を中心とした食器やキッチン用品、また自宅で可愛く役立つ木箱・ミニチェストやランプシェードなどのファニチャー類、お風呂場をそのまま活かした展示場ではタオルなどのバスグッズなど様々な生活雑貨を提案。2階ではリネンやコットン素材の洋服を中心に取扱います。リラックスした気持ちで日々の生活を楽しんでほしいという木原店長の優しさと思いが詰まったお店。ぜひ!
 そしてザ・ケンナイ今回は、オーガニックメディアISANAの代表堀永州平さんの登場。
今回のテーマは「手間ひまかけて、心で漉く。鹿野の山代和紙」山代は錦川上流域の広い地域を指します。和紙の製法は室町時代に山代に伝えられ、江戸時代になって毛利藩が財政を立て直すために米、塩、紙を中心に産業の振興を図った「三白(さんぱく)政策」で広まり、次第に鹿野地区が中心となっていきました。明治以降、次第にさびれ、戦後は全くなくなってしまいましたが、昭和54年に高齢者生産活動センターができたときに復活。しかし今、また材料不足や後継者不足で存続の危機です。山代和紙がつづいていくためには和紙の需要自体が伸びないといけません。いまも祝儀袋や芳名帳、封筒やはがきなどが作られていますが、新しいアイデアが期待されます。こういう伝統産業はぜひ生き残って欲しいですね。

2013年1月27日「今日1月27日は、国旗制定記念日」

 1870年の今日、日本の国旗のデザインの原型が決まった事にちなみます。日本の国旗は日の丸。日本人は古来、太陽を「信仰の対象」としており、国名も「日本」(日ノ本)というところからも太陽(日の出)を意識しており、「日が昇る」という現象を大切にしていたことが窺えるますね。ただ世界的もしくは歴史的に太陽が赤で描かれることは珍しい(太陽は黄色または金色)そうですよ。
 さて今回のアシテン通信は、世界の人口の話。なんと毎年約8000万人増えているそうです!当然今後さまざまな不足をもたらします。食糧・住宅・用水・雇用は特に深刻。
それにしても日本は少子化、おとなりの中国は反対に一人っ子政策。世界は広いといえばそれまでなんですが、ちょうど良い塩梅にはならないものですかねぇ。後、我国の主食お米ぐらいは数年間は備蓄出来るようにしたらいいと思うのですが。すぐタイやアメリカに頼るようだと本当に不安です。
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は宇部・松島町商店街の美容院「ビウィッチ」の代表、田辺勢司さんです。こちらは再現性の高いデザインカットやスキンマッチングカラーなどが好評のお店。支店のANAクラウンプラザホテル店ではオリジナルブライダルやパーティーセットメークなどオシャレな貴女をよりイメージアップして喜んでもらっているそう。宇部№1との呼び声の高いビウィッチであなたもぜひ!
 そしてザ・ケンナイ今回は、山口県立きらら浜自然観察公園のレンジャー中川しのぶ
さんの初登場。レンジャー・・・なんかカッコイイ肩書きですね!さてこちらは、きらら浜に生息する野鳥を中心とした生物と自然環境を守りながら、だれでも身近に自然を観察し、ふれあい親しむことができる公園。冬はバードウォッチングを始めるにはよい季節だそうですよ。なにしろこのご時世に大人200円、18歳以下無料ですから行かない手はない(笑)2月9日からは博物画家、杉浦千里の細密画を40点以上展示。今にも動き出しそうなリアル感あふれる生き物の博物画の世界が楽しめます。

2013年1月20日「今日1月20日は、玉の輿の日。」

 1905年のこの日、アメリカの実業家J・P・モルガンの甥のジョージ・モルガンと祇園の芸妓・お雪との結婚がこの日の由来。当時お雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれたそうです。ここで一句「あるのなら乗ってみたいな逆の玉」お粗末さまでした。
 さて今回のアシテン通信は、1960年代、グループサウンズブームを支えた人気バンド「ザ・タイガース」が今年12月に完全復活し、ツアーを行うという僕ら世代には嬉しく元気の出る話題。ジュリーこと沢田研二が正月公演で、ファンに向け「ついにタイガースがオリジナルメンバーでやることになりました」と発表。初期メンバーの加橋かつみも参加する予定で、初期メンバーが集結するのは加橋の脱退以来実に44年ぶり!! 今からライブが楽しみだなぁ。それにしても64歳でジュリーというニックネームも凄いけど(笑)
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は岩国・中通り商店街旬鮮市場「ととや」の店主、山根淳一さんです。こちらは「旨いものを旨い時期に最も旨い食べ方で!」がモットー
の居酒屋さん。魚介類の種類と鮮度はどこにも負けないよう吟味して仕入れるそうで、実は僕もお店に伺ったことがあるんです。「日本にそして山口に生まれてよかったぁ、だって海に囲まれているんだもの」と叫びたくなるような魚の旨さ、それこそがまさにととやさん。次はあなたが叫んじゃっていいんです(笑)
 そしてザ・ケンナイ今回は、長門市で行われるコンサート情報。ご登場はおやじバンド祭り実行委員会の代表、白澤真史さんです。この白澤さん、地元では知らない人がいないくらい有名なアマチュアミュージシャン。彼が音頭を取り始めたおやじバンドの祭典も今回で9回目、実は我がバンドサンセットロードも僕が長門出身というよしみで参加させてもらいます! カッコイイ背中(お腹はともかく(笑))のおやじバンドが山口県内から5組集結。ぜひ聴きに来てね!

2013年1月13日「明日は成人の日で祝日」

 それに合わせ今日成人式を開催する市や町も多いです。私も光市の成人の集いで毎年MCとして参加させて頂いてます。実は光市は全国成人式コンテストで4年連続準大賞、つまり4年続けて全国で第2位なんです!さぁ今年の成人式でいよいよグランプリ獲得なるか?ちなみに今回は我が息子も会場にいました。この仕事も長くなりますが、息子の成人式での司会、何か感慨深いものがありますねぇ・・・
 さて今回のアシテン通信は、「お年玉」についての話題。そもそも昔はお金ではなくお餅を渡していたそうですよ。お餅からお金に変わったのは昭和30年代後半の高度経済成長期ごろから都市部を中心にお金が主流になり、贈る相手も専ら子供へと移り現在に至るそうです。ちなみに高校生への相場は5000~10000円が全体の約8割、お宅ではいかがだったでしょうか?
 続いて顔晴れ商店街、今回のご登場は萩・田町商店街「カフェ・ジャンティーク」のオーナー、中屋達也さんです。2003年に商店街内のオープンスペースで、“車を使ったカフェ”をオープン 、店名のジャンティークはジャパンとアンティークが一つになった中屋さんが創った造語。ちなみにお店のお勧めは、萩産の蜂蜜を使用したハニーカフェラテ(ラテアートも可)だそうですよ。ぜひ一度!
 そしてザ・ケンナイは、人呼んで「長州の食いしん坊」こと株式会社モトクロス松永秀夫さんの登場。グルメブログ(モトクロスブログ)が人気の、松永社長が、毎回素敵なお店をご紹介してくれてます。今回もとびきり、周南市夏切(和田中学校、広島カープ、故・津田投手の母校の近く)にある、一日一組限定、完全予約制の人気レストラン、竹廬山房(ちくろさんぼう)、なんとこちら3カ月から半年先までほぼ予約でいっぱい!!
もちろん美味しいから人気店なのでしょうが、特に彼のお勧めは魚醤(とらふぐの骨を使って作った醤油)を使用したドレッシングが「激美味」で、完全に虜になっているそう。
とっておきの日にぜひ!ただ予約はずいぶん先になりますが(笑)

2013年1月6日「新年明けましておめでとうございます!」

 今年も山口県の元気を応援する超地元密着ラジオ「ヤスベェのあした転機になぁれ!」をどうぞよろしくお願いします。さて今年は巳年です。十二支の巳は植物に種子が出来始める時期と考えられるそうで『漢書』の律暦志によると草木の成長が極限に達して次の生命作られ始めるという解釈だそうです。まさに政治の世界も大きく様変わりして日本が生まれ変わろうとしています。そのリーダー安倍さんが山口県民というのが、嬉しいというか誇らしいし大いに期待したいですね。番組のほうもこれからも山口県応援番組として県内の様々な情報を明るく元気よくお伝えしていきますよ、どうぞ御期待下さい!
 さて僕は毎年新年にあたり造語というか新語を自分で創りそれを一年の抱負にしています。ちなみに今年の造語は「理・SET」。理科の「理」1文字でことわりと読みますよね。物事の筋道とか道理という意味ですが、タレント業も30周年迎える前に一度仕事もプライベートも一度リセットし新しい気持ちで様々な物事を整えていこう、つまり「理」をセットしようという思いで創りました。我ながら気にいっているのですが、あとは出来るかどうかです、ここが一番心配だなぁ(笑)
 続いて顔晴れ商店街、新年最初のご登場は徳山・銀南街商店街から「マッダースパイス」のオーナー永盛茜さんです。昨年オープンしたばかりのこちらは、スワロフスキーを使ったデコレーションと肌に直接アートするボディージュエリーのお店。永盛さんもスワロフスキーデコレーションアーティストとボディジュエリーアーティストの肩書きを持ちます。
特に3~10日で落ちるボディージュエリーはブライダルでも大人気。近々行われる成人式なんかでも目立つこと請け合いですよ!オシャレなあなたもぜひ。 
 そしてザ・ケンナイ、2013年の1回目は昨年ニューアルバムを発売したばかり下松市出身で現在東京都在住のロックバンド、スワンプデルタロックカフェのボーカル岡本修さんの登場です。彼とはデビュー前から仲良くさせてもらい兄弟のような関係。さてニューアルバムのタイトルは「アンビエント・アトモスフィア」意味は雰囲気とか周りの空気とか。まさに様々なシーンに溶け込むバラエティーに富んだ内容でロックありポップありカントリー風もありです。僕も大のお気に入りアルバムですよ。「バンド史上最高傑作」と自負する全11曲入りのこのアルバム、今はライブ会場で先行発売されています。2月9日、周南チキータのライブでぜひゲットして下さいね!

あした!(サイド:トップ).jpg
あした転機になあれ!(サイ.jpg
あした転機になあれ!(ヤス.jpg



あした(リンク:オーパス).jpg

あした転機になあれ!(リン.jpg

商店街振興組合リンクバナー.jpg

あした!(リンク:まちあい.jpg

あした!(リンク:KRY).jpg

sanyamalink.gif

bn-tryangle.gif

crouton_banner.jpg

エルフ.jpg

ISANA.jpg

モトクロスブログ.JPG